依頼時の注意点

業者依頼をするときには、信頼できる修理業者に依頼をする必要があります。水道修理業者の中には悪質な業者もあり、高額な修理料金を請求してくる可能性もあることから、しっかりと確認してから業者依頼をすることが大切です。以前にお世話になった業者があるのであれば問題ないのですが、初めて業者依頼をする人にとっては、どのような業者なのかわからず怖いという人もいるでしょう。まずは、知り合いなどで修理業者を利用した人がいないか聞いてみるのもおすすめです。

もし、知り合いで良い修理業者を知っている人がいるのなら、その業者を紹介してもらうのが最も確実と考えられます。もし賃貸であれば、大家さんに相談することで、安心できる業者を紹介してくれることもあります。相談できる人がいないのであれば、ネットで検索してみましょう。身近な場所で意外に多くの修理業者を見つけることができます。

まず確認したいのが料金です。相場としては軽度で5,000円~8,000円程度、中度で10,000円~18,000円程度、重度なつまりであれば10,000円~50,000円が相場となります。この相場と照らし合わせ、金額が適性であれば問題ないでしょう。また、実績やアフターフォローがしっかりとしている業者を選ぶことで安心して任せることができます。

依頼するときには、出張見積もりが無料なのか、もし断った時に料金が発生するのかも確認をしましょう。初めての依頼では何かと不安もありますが、このトラブルによって良い業者を見つけることができれば、今後のトラブルでも安心して任せることができます。

業者の解消法

つまりの原因が軽度である場合にまず試すのが、お馴染みのラバーカップです。このラバーカップも使い方次第でトイレのつまりを解消することができます。

このラバーカップで解消できない場合には、ローポンプやハイスパットを使います。ローポンプはラバーカップよりも約5倍程度の水圧をかけることができると言われ、ハイスパットはさらに強力で圧力の調整もできます。これらの方法は、水圧をかけることで、つまりの原因を押し流す解消法となります。

男性用の小便器などで配管に尿石が付着してつまっているケースではワイヤーブラシを使います。ブラシによって細い配管も綺麗にすることでつまりが解消できます。異物を流してしまった場合では便器を取り外し、異物を取り除きます。異物を無理に押し流してしまうと、その先の排水管でつまってしまうことも考えられ、こうなってしまうと大掛かりな工事が必要で、異物を流した時には自分で直そうとするのは避けましょう。

つまりの原因が便器ではなく排水管に問題がある場合には、高圧洗浄機を使ってつまりの原因を解消します。この高圧洗浄器では、配管が古くなっていると破損の原因ともなることから、配管の経年劣化なども確認しながら行う作業です。このように専門業者では、状況によって様々な方法でつまりを解消してくれます。

参考サイト(トイレつまり解消情報─水漏れカイケツくん

水回りトラブル

マンションやアパートなどの集合住宅であれば、給水管や排水管の水回りトラブルによって天井や壁、床下から水漏れを起こすことがありますし、お風呂や台所、洗面所や洗濯機など水を使う場所での水回りトラブルも多いです。この水を使う場所では水回りくトラブルが当然多いのですが、困るのがトイレです。特にトイレつまりを起こしてしまうとトイレの使用ができなくなることから、生活にも支障をきたします。

このトイレつまりでは、いつも通り使用しているのにトイレつまりを起こすことがあります。例えば、トイレットペーパーは毎日使うこともあり、できるだけ安いトイレットペーパーを使う人も多いです。しかし、安価なトイレットペーパーでは、水に上手く溶けない粗悪品もあります。特に海外製などのトイレットペーパーを使ったことでトイレつまりを起こすケースが良くあるようです。

また、お掃除シートなどはトイレに流せると謳っている商品ですが、トイレットペーパーよりも溶けるまでに時間がかかってしまい、トイレのつまりの原因となることもあります。このようなケースであれば、自分でつまりを解消することもできます。

しかし、トイレつまりの中には自分では解消できないようなつまりもあります。多いのが、異物を流してしまうケースです。掃除中に誤って雑巾を流してしまった、子供がトイレで遊んでいておもちゃを流してしまうことでトイレつまりを起こすケースは多くあり、このような場合では自分でつまりを解消するのは難しいです。

その他にも、配管に尿石がこびり付きつまりの原因となることもあります。このようなトイレのつまりでは、自分で直そうとするのではなく専門業者に依頼する必要があります。ここでは、トイレつまりを解消してくれる専門業者がどのようにしてつまりを解消するのか、その依頼方法について紹介します。